きっと過去の自分が自己破産を作るし返済も行う

きっと過去の自分が自己破産を作るし返済も行う

きっと過去の自分が自己破産を作るし返済も行う

過去は変えることはできない。そして使ったお金。つまり契約を交わしてしまった瞬間にビジネスと投資&消費によってお金を回すことになる。

 

 

理想的な生活を追い求めれば当たり前やけど、良いこともあれば悪いこともある。

 

 

誰もが借金を作りたくて生活をしていない。でも現実問題としてキャッシング業界が過去あれだけ儲かったのはそういうことだろう。

 

 

 

法律の規制が入ったことで闇金のほとんどが終わりを迎えたわけですが。

 

 

 

目標を持って生活をしているとしんどくなるから、、、誰にも恥じないようなモノを作り上げたいと思うようになった。そうなったら

 

 

 

生まれて初めての手術はかなりインパクトがありました。それは高3の夏休み、入ってすぐの事でした。

 

 

終業式があり、その日の夜は家族で回転ずしを食べに行きました。久しぶりのお寿司に嬉しくて、しこたま食べました。

 

 

そして次の日です。何だかお腹が痛い。自分で我慢できればする方でしたが我慢できませんでした。母の元に行き、お腹が痛いことを訴え、
のたうち回りました。大げさでなく、本当に痛かったのです。とりあえず、その日は暑かったのでクーラーを入れてもらい、大人しく横になっていましたが多少和らいだものの、

 

 

 

やはりまだ痛い。そこでかかり付けの内科のところへ行き、調べてもらいましたがよく分からないとのこと。仕方なく、大きな病院へ行ったら、盲腸でした。あれよあれよという間に手術準備です。唖然としている私を横に手慣れた手つきで下の毛を剃られ、もう次には真っ裸で手術台の上にいました。茫然としている私に看護師さんが「何か音楽聞く?」という驚くべき質問をしてきて、

 

びっくりし過ぎて答えられずにいる私に宇多田ヒカルさんのSAKURAドロップスを流してくれました。ポップな音楽が流れる中、

 

 

 

手術が始まり…しかも研修医の方だったみたいで怒られているのが丸聞こえで不安になりながら手術が無事終わりました。初めての手術は怒涛の中終わったのでした。

 

 

 

借金のブログ

 

株価と為替レートの急な変動で、昨日5万円ぐらい溶かしたことです。それも十数秒で急落し、マイナスの数字が増えるのが速すぎて意識が遠のくような感じになります。千円と万円が消えていく感じになって、しばらくロスカットも発動せず、ざっくりお金が消え、預金残高がポツンと残っている感じになっています。

 

ちょっと判断が甘かった、といわざるをえないところで、急落する1分前に購入したのが、こういうふうに終わったわけだから、ショックとしか言いようがないでしょう。もし仮に逆に購入していたら、一気に5万円獲得になるわけですが、ついていないのがよくわかります。

 

たぶんこういう分野自体が向いていないのか、見放されている感がしています。今回の下落もありながら、いままで負けた金額が大きすぎて人生を捨てているようなもので、それでいて安くてつまらない稼ぎの話ばかりしかないし、一歩人生の選択を間違うと悪化の一途をたどります。

 

それこそ、人間性を放棄したうえで、金を捨て、乞食よりも酷い不自由さ、生きている気がしない、ということになります。1億円あれば、もう社会から引退して、悠々自適な暮らしできるにもかからわず、どういうわけか格差があって社会は崩壊寸前です。

 

 

ちなみにどうしても自己破産をする必要性が出てくればこちらのサイトを利用することになるでしょう。

 

 

 

自己破産 費用

 

 

 

あくまでも参考にするべきところはするでしょうけど、それでも可能な範囲で好きなブログとかを運営しながらってことが理想論かもしれません。

 

 

 

とりあえずは準備段階として30本ぐらいを用意して体験談みたいな形でできるだけ好きな形での運営をしたいと思っています。

 

 

 

自己破産をしようがしまいが費用的な面は知っておくといいかもしれませんね。


ホーム RSS購読